時の過ぎ行くまま

noprinting サークル名 時の過ぎ行くまま
ペンネーム Rink
スペースNO. Cホール と23b
ジャンル 日常
新刊・既刊情報 ★新刊:
『続・犬を飼いました』 
A5(表紙カラー)・28ページ・R15程度(今回うっすらRです:当社比)・イベント価格:400円・表紙:希咲慧さま

★メインキャラクター:脱サラ小説家×コミ障経理マン
★ストーリー:
コミュ障経理マン小宮匡が頭に『ヤ』の付く職業のお偉いさんだと勘違いしてしまったのは、白い大きな犬を連れた脱サラ小説家の片山修平という
男だった。
匡の愛犬でビビりの茶太郎が粗相をしでかした代償に一ヶ月間修平へと奉仕活動をする匡だったが、修平と過ごす日々は匡にとってとても居心地がいい空間が広がっていた。それは修平とて同じ事だった。
やがて期限の一ヶ月が近づいてきた二人はお互いを手放すことが惜しくなってしまって・・・。
 嗚呼!勘違い!から始まる真実の愛!その後のショートストーリーです。


★既刊:
『犬を飼いました』
小説・A5(表紙カラー)・56ページ・R18・イベント価格:600円・表紙:希咲慧さま
 
★メインキャラクター:脱サラ小説家×コミ障経理マン
★ストーリー:
コミュ障経理マン小宮匡が頭に『ヤ』の付く職業のお偉いさんだと勘違いしてしまったのは、白い大きな犬を連れた脱サラ小説家の片山修平という
男だった。
和服姿で真夜中の町を闊歩するいかにもそれ風の修平とその愛犬漱石に、匡の愛犬チワワの茶太郎がビビッて粗相をしでかしてしまった!
謝るタスクに対して修平が命じたのは1ヶ月間自分に奉仕する事だった!
 嗚呼!勘違いから始まる真実の愛のお話です!


お客様へのメッセージ よろしくお願いいたします。
ご注文 同人誌を注文する
サイト 時の過ぎ行くまま(Rink’s Cafe別館)